Skip Navigation



Flash Player(free)

大加耶は生きている。古代国家大加耶の生活が見られる歴史の現場


展示案内

大加耶王陵展示館は韓国で初めて確認された大規模殉葬墓の池山里44号墳専門展示館で2000年9月開館した。

01. 王陵展示館の外部

王陵展示館の外部
  • 王陵展示館の外部
  • 王陵展示館の外部
  • 池山洞44号墳
池山洞44号墳の封墳を真似た丸い形。
池山里古墳群は加耶地域最大の規模で、高霊邑西の丘陵に位置している。

02. 王陵展示館の内部中央

発掘当時の石室構造をそのまま再現しました。主人公が埋められた主石室とそれについた倉庫のような副葬品用副石室2基を中心にして、扇形に32基の殉葬石槨を配置した内部構造をそのまま復元したものです。そして各墓のくぼみには発掘報告書を土台にして、出土遺物と残っている人骨などを複製して入れました。
  • 王陵展示館の内部中央
  • 王陵展示館の内部中央
王陵展示館の内部中央

03. 王陵展示館の内部観覧路壁体

王陵展示館の内部観覧路壁体
  • 王陵展示館の内部観覧路壁体
  • 王陵展示館の内部観覧路壁体
周りの観覧路壁体には大加耶の歴史と文化に対する理解を高められるようにした標識を展示して、関連映像物を楽に座って観覧することができるようにしました。また映像物には大加耶の歴史と池山洞44号墳の性格とその歴史的意義などに関する内容を入れて理解できるようにしました。
そして壁に沿って陳列棚を設けて池山洞古墳群出土遺物130点余りをはじめとし、大加耶の他の古墳から出た土器や武具, 馬具, 冠, その他装身具などの遺物を展示することによって、洗練された大加耶文化を目で確認できるようにしました。それだけでなく入口にはコンピュータを設置して、大加耶の歴史と殉葬, 44号古墳の構造, 出土遺物など関連情報を検索して見ることができるようにしました。
Print Top