Skip Navigation



Flash Player(free)

大加耶は生きている。古代国家大加耶の生活が見られる歴史の現場


展示内容

于勒博物館は伽椰琴を創り出した楽聖于勒に関連した資料を発掘/収集/保存/展示して、国民が于勒と伽椰琴の世界を容易に理解できるように建設した「于勒と伽椰琴」テーマ博物館です。

01. 于勒を訪ねて

于勒を訪ねて
  • 于勒を訪ねて
  • 于勒を訪ねて
約千五百年前、于勒が暮らしていた大加耶の周辺情勢と文化を紹介して、高霊と大加耶, 于勒と伽椰琴の相関関係を説明します。

02. 楽聖于勒

少年于勒から加耶12曲をつくることになるまでの伽椰琴にまつわる興味深い内容で于勒と伽椰琴の価値を再発見して理解できる所です。
  • 楽聖于勒
  • 楽聖于勒
楽聖于勒

03. 加倻の精神を守った于勒

加倻の精神を守った于勒

新羅真興王との出会いを通じて加耶楽の保存と発展を成し遂げた于勒とその弟子の生涯と意義などをおもしろくつくりました。

04. 民族の楽器、伽倻琴

民族の楽器、伽倻琴
  • 民族の楽器、伽倻琴
  • 民族の楽器、伽倻琴
韓国民族固有の楽器を紹介して伽椰琴を直ㆍ間接的に体験できる所です。

05. 于勒と末裔たち

于勒と末裔たち 于勒以後、伽椰琴の脈を引き継ぐ職人たちについて紹介し、伽椰琴の現住所を調べて伽椰琴の真の故郷である高霊の多様な歴史と文化を調べられるように構成されています。
Print Top