Skip Navigation



Flash Player(free)

大加耶は生きている。古代国家大加耶の生活が見られる歴史の現場


歴史話

高霊がたどってきた道

高霊がたどってきた道
時代 年度 內用
先史時代 旧石器 茶山面藿村里洛東江辺の旧石器時代の遺跡
青銅器 支石墓と立石建造ㆍ岩刻画彫刻
大加耶 42 正見母主という加耶山神と夷毗訶という天神の間に生まれた惱窒朱日が大加耶の始祖伊珍阿豉王になったという建国神話が伝えられてきた
400 加耶ㆍ百済ㆍ倭が力を合わせて新羅を攻撃
479 荷知王が中国南齊に使節を送り、‘輔國將軍本國王’という爵号を受けてくる
481 高句麗と靺鞨軍が新羅を攻撃するや、大加耶と百済が新羅を救う
522 異腦王が新羅王族の女性と結婚
532 金官加倻が新羅に滅ぼされる
551 于勒と弟子たちが新羅の真興王の前で伽倻琴を演奏する
554 百済と力を合わせて管山城で新羅と戦うが敗れる
562 第16代道設智王のとき、新羅真興王の攻撃で滅びる
統一新羅 757 高霊郡に名が変わる
高麗 940 京山府に属する
1175 監務が来て統治を始める
1390 朴葳将軍が倭冦を撃破
朝鮮 1413 高霊県に県監が来て統治を始める
1593 壬辰倭乱義兵大将金沔将軍の義兵活動
1597 丁酉再乱高霊大捷
近ㆍ現代 1895 慶尚道高霊郡となる
1896 慶尚北道高霊郡となる
1979 高霊面が高霊邑に昇格して1邑7面となる
Print Top