Skip Navigation



Flash Player(free)

大加耶は生きている。古代国家大加耶の生活が見られる歴史の現場


王の墓

池山里古墳群 - 大加耶王の墓

高霊邑を屏風のように囲んだ山の上には大加耶時代の主山城がある。この山城から南にのびた稜線上には大加耶が成長しはじめた西暦400年頃から滅亡した562年の間につくられた大加耶王たちの墓が列をなして立ち並んでいる。

そして、ここには韓国で最初に発掘された殉葬墓王陵である池山里44号と45号墳をはじめとして、周辺に王族や貴族の墓と見られる大小200余基の墓が分布している。ここは大加耶の独特の土器や鉄器, 馬具をはじめ、王が使った金銅冠や金耳飾など派手な装身具がたくさん出土した大加耶最大の古墳群だ。

池山里古墳群
Print Top