Skip Navigation



Flash Player(free)

大加耶は生きている。古代国家大加耶の生活が見られる歴史の現場


大加耶の生活

交通路

大加耶は中国に使節を送ったり、百済や倭と文物の交流も活発で、全盛期には広い領土を統治したりもした。このような点から見ると、大加耶は各地方に通じる道路を保有し、川と海を行き来する航路を利用したことが分かる。

大加耶の交通路は高霊ㆍ居昌ㆍ咸陽ㆍ南原ㆍ蟾津江ㆍ河東ㆍ南海ㆍ倭ㆍ中国を行き来する道と高霊ㆍ会川ㆍ洛東江ㆍ金海ㆍ倭に通じる道が中心になった。これとともに南原ㆍ任実ㆍ井邑ㆍ扶安(竹幕洞)に繋がる通路も利用した。大加耶はこのような道に牛や馬が引く車と船を利用して、鉄や穀物, 土器などを送りだして海魚や貝, 塩などを持ってくることができた。

Print Top