Skip Navigation



Flash Player(free)

大加耶は生きている。古代国家大加耶の生活が見られる歴史の現場


韓国の伝統楽器

 楽器は自分の心を音で表現した文化媒体であり象徴として、韓国の伝統楽器は韓民族の性格をそのまま含んでいる。韓国の先祖が昔から日常で主に演奏鑑賞してきた楽器は、その美しい心だけやわらかい音色を出すものが大部分だ。楽器の材料は大部分自然で得ることができる竹, 桐, 絹糸のようなもので、そこから響く自然な音色を楽しんできたのだ。
自分より先に他人のことを考えて得するようにという心がけを持った韓民族の性格は音楽でもよく現れる。すなわち、西洋音楽とは違い、指揮者なしでお互いの演奏を聞きながら、相手が若干高く音を出すと一緒に高く音を合わせて、相手が遅くなれば遅くして、はやくなればはやくして、互いに合わせて行くのが特徴だ。

宮中で使われる楽器は宮殿の法度と王位威厳を誇示するために、龍のような装飾をたくさん使って派手に製作された。また、楽器をつくる特別官庁を設置して、色々な書物を調べて陰陽との調和,音律に対する徹底した議論を通じて楽器をつくるように努力を傾けた。
 反面民間で使われる楽器は郷土民謡のように不格好ながらも実用的な楽器を使って、喜怒哀楽を分かち合った。

 楽器の製作材料は主に自然から得られる材料(鉄類, 石, 絹糸, 竹, 瓜, 土, 革, 木)で、聞く人に安らかで安定した感じを感じさせる。
 今日主に演奏される代表的な伝統楽器は30種余りあるが、今日現代的感受性に合った新しい楽器もたくさん開発演奏されている。

韓国の伝統楽器
Print Top